Tableau Community

Tableau Zen Master

明日の Tableau ソリューションのヒントをもたらす達人、指導者、そして協力者

可能性を追求する Tableau Zen Master

Tableau プラットフォームに精通し、コラボレーションへの強い熱意を抱き、Tableau コミュニティでリーダーシップを発揮しているのは、なんといっても Tableau Zen Master です。ほかのユーザーと専門知識を共有するとともに、Tableau がより良い製品を開発できるように支援しています。大きな貢献を果たしている人がコミュニティから推薦され、多様なスキルセット、経歴、関心を持つ人が世界各地から集まっています。まさにコミュニティリーダーとしてふさわしい人々です。

Tableau Zen Master に求められる条件

TABLEAU ZEN MASTER になりましょう

Tableau Zen Master に応募、あるいはほかの人を推薦するための詳しい情報をご覧ください。皆さんのご参加をお待ちしています。
詳しく読む

Tableau コミュニティのおかげで、数え上げればきりがないほどの喜びと機会を得ることができました。私にとって何より貴重なのは、学びと共有の素晴らしいサイクルです

現在の Tableau Zen Master のご紹介

2020 年の Tableau Zen Master は、世界 4 地域の 11 か国を代表する 34 名です。

Abisola Oni 氏

プロフィールを表示

Abisola Oni 氏

Oni 氏は、テクノロジーベースの企業で 6 年以上成長を導いてきた経験を持つ分析の専門家です。テクノロジー、ビジネス、社会的影響、地域社会がどのように関わり合っているかに関心を寄せています。現在、アフリカをリードする支払処理会社の Paystack 社に在籍しており、ビジネスパターンや市場トレンドの分析、主な加盟店の成長を支援する戦略的な取り組みの推進を担当しています。Tableau に出会ったのは、テクノロジー業界で働き始めた 2017 年のことです。その後 3 年間で、分析とビジュアライゼーションの大きなコミュニティ 2 つ (ラゴス Tableau ユーザーグループと WeVisualize) をラゴスに創設しました。それまで、ラゴスのテクノロジーコミュニティの大半はソフトウェア開発に主眼を置いており、データビジュアライゼーションとデータ分析にはまったく目を向けていませんでした。それに気づいた Oni 氏は、空白を埋めようとコミュニティを生み出したのです。また、Oni 氏は Beyond A Curved Spine (ナイジェリアで脊椎側彎症の認知度向上活動を行っている NGO) の共同設立者でもあります。PC から離れているときは、ランニングや旅行、新しいレストラン巡りのほか、飛行機からのスカイダイビングなどのびっくりするようなことにも挑戦しています。

Adam McCann 氏

プロフィールを表示

Adam McCann 氏

McCann 氏は、KeyMe 社の分析担当バイスプレジデントです。価格設定アルゴリズムの開発、キオスク新規設置場所の割り出し、ビジネスパターンの分析を担当しています。また、SEO や SEM 最適化をはじめとするあらゆるデジタルマーケティング活動も統括しています。McCann 氏はデータサイエンスとデータ分析で 15 年以上の経験を持ち、組織のデータの使い方を変革してきた実績があります。機械学習、データマイニング、自然言語処理、データビジュアライゼーションなどのテクノロジーで経験を重ねてきました。KeyMe 入社以前は、ワシントン D.C. の Deloitte Consulting 社で、データサイエンスチームを作り上げて監督していました。

Alexander Mou 氏

プロフィールを表示

Alexander Mou 氏

データアナリスト、そしてビジュアライゼーションのエキスパートとしてベテランの Mou 氏は、効率的な計算テクニックに特に関心を寄せています。ヒントやテクニック、チュートリアル、テンプレートなどのブログを 250 件以上投稿している活発なブロガーであり (https://vizdiff.blogspot.com)、2016 年以降は Tableau ソーシャルメディアアンバサダーも務めています。主に勤務してきた金融業界に留まらず、情報セキュリティ、営業とマーケティング、サーバーログ、プロセス管理の各分野のデータセットにも精通しています。Mou 氏が特に才能を発揮しているのは、Tableau Desktop、Tableau Server、データ準備です。また、中国人ユーザー向けの Tableau コミュニティにも大きく貢献しています。プライベートな時間には、ハイキングや旅行、ビジュアライゼーション作成を楽しんでいます。

Ann Jackson 氏

プロフィールを表示

Ann Jackson 氏

猫と論理を愛する Ann Jackson 氏は、データビジュアライゼーションにかける自身の情熱を世界中にも広めようと努めています。企業が自社データを理解できるように支援することに尽力している、専門分野特化型の分析会社である Jackson Two 社の創業者です。仕事以外では、Tableau スキルの育成のために課題を毎週出題する Workout Wednesday のほか、地元のフェニックス Tableau ユーザーグループでも責任者を務めています。また、同じく Zen Master の Luke Stanke 氏と共同で、データと分析に対象を絞った専門ビデオポッドキャストの Hashtag Analytics (#AnalyticsPodcast) も主催しています。Jackson 氏は、無駄がなく分析を深く掘り下げるビジュアライゼーションの作成、コミュニティへの献身、あらゆるもののデータと Tableau に対する尽きない情熱で有名です。

Azusa Maei 氏

Azusa Maei 氏は BI スペシャリストであり、Viz for Social Good 東京支部でリーダーを務めているほか、Japan Tableau User Group (日本 Tableau ユーザー会) の中心的なメンバーでもあります。ユーザーが Tableau を活用して問題を解決できるように、喜んで支援しています。主に、Tableau コミュニティのために機会をさらに生み出すことに取り組んでおり、日本で大規模イベントやミートアップをいくつか開催してきました。また、日本最大級の教育プログラム DATA Saber の最初の卒業生でもあり、同プログラムの拡大や改善で中心的な役割を担っていました。プライベートな時間には、特にイラストなどのクリエイティブな作品を制作しています。そして、データビジュアライゼーションと自身のイラストを楽しんで組み合わせています。

Bridget Cogley 氏

プロフィールを表示

Bridget Cogley 氏

通訳者からアナリストに転身した Bridget Cogley 氏は、データ分析に複合的なアプローチを取り入れています。重視しているのは、倫理、データリテラシー、データによる効果的な情報伝達、機能的で美しいデザインです。過去 6 年間にわたってシニアコンサルタントを務めており、Tableau Zen Master には 4 回選出されています。コンサルタントになる前は分析部門の管理者として、Tableau の吟味と選定、データベースのビューの作成、総合的なレポートの作成などに携わっていました。また、米国手話、トレーニング、人事、経営、営業支援の経験も持っています。

Cogley 氏は、斬新で刺激的な視点から Tableau を見ています。データによる効果的な情報伝達とは、ただダッシュボードにいくつかのチャートを表示すればいいということではありません。Cogley 氏は、良いビジュアライゼーションを人を引きつけるビジュアライゼーションに変えるための優れたアイデアを、ひと匙のユーモアを交えながら丁寧に教えています。

Carl Allchin 氏

プロフィールを表示

Carl Allchin 氏

Allchin 氏は、The Data School の「もう一人の」ヘッドコーチです。金融サービス業界で何年もデータ部門とそのチームを率いた後、The Information Lab 社に入社して、データ準備とデータビジュアライゼーションのスペシャリストになりました。Preppin' Data の共同創設者であるとともに、『Tableau Prep: Up & Running』 (Tableau Prep 入門) を執筆した Allchin 氏は、データを分析しやすい形式にして誰もが使えるようにするという課題に楽しんで取り組んでいます。

Chantilly Jaggernauth 氏

プロフィールを表示

Chantilly Jaggernauth 氏

Chantilly Jaggernauth 氏は、Millennials and Data 社 (#MAD) の創業者であり、CEO です。#MAD を通じ、データドリブンなグローバル環境に足を踏み入れられるようにミレニアル世代にトレーニング、指導、準備を施して、十分なデータリテラシーや分析スキルを獲得できるように尽力しています。Jaggernauth 氏の目標は、どのような業界でもデータドリブンなリーダーになるのに必要な分析スキルを身につけた、ミレニアル世代のコミュニティを作ることです。本業では、バージニア州アーリントンの Lovelytics 社で、データビジュアライゼーション・トレーニング担当バイスプレジデントを務めています。

Chris DeMartini 氏

プロフィールを表示

Chris DeMartini 氏

Chris DeMartini 氏が Tableau コミュニティに参加したのは、仕事でネットワークグラフ作成に携わっていたときのことです。これまで、ビジュアライゼーションに動的な要素を取り入れること、そして Tableau の埋め込み API (JavaScript) と拡張 API の広範囲にわたる利用に取り組んできました。DataBlick 社のブログにもそのテクニックについて頻繁に投稿しているほか、作品とテクニックは Tableau Public や GitHub で一般公開しています。現在、Visa 社でデータビジュアライゼーションチームを率いています。

Chris Love 氏

Love 氏は、熟練の技術で周囲を驚かせるためではなく、 物事をシンプルにする (英語) ことを教えるために高度なスキルを駆使しています。シンプルにするスキルはとても大切です。Love 氏は Tableau Public で優れた作品を公開しています。また、Tableau の新しいユーザーや、できるだけシンプルな行動で組織に変革をもたらす必要があるユーザーの支援にも取り組んでいます。その専門知識は、Tableau を高度に使いこなすことだけではなく、シンプルにすることを広めるためにも使われています。

Eva Murray 氏

Exasol 社 BI 部門責任者であり Tableau Zen Master でもある Eva Murray 氏は、データビジュアライゼーションコミュニティのリーダーです。Charlie Hutcheson 氏と (以前は同じく Zen Master の Andy Kriebel 氏も) 共同で、世界規模の有名なソーシャルデータプロジェクトの #MakeoverMonday を運営しています。

データ分析とビジュアライゼーションを学びながら志を同じくするユーザーと交流するための場を設けて、人々がデータを理解して利用し、好きになれるように支援することに情熱を傾けています。日常業務として Exasol 社の慈善活動を率いており、Tableau コミュニティとのコミュニケーションにも責任を負っています。

PC から離れているときは、トライアスロンに熱中し、料理に凝っているほか、初めての場所を訪れることも好きです。

Jeffrey Shaffer 氏

プロフィールを表示

Jeffrey Shaffer 氏

Jeffrey A. Shaffer 氏は、Unifund 社で最高執行責任者と情報技術・分析担当バイスプレジデントを兼任しています。シンシナティ大学でも、非常勤教授としてデータビジュアライゼーションを教えており、2016 年には年間最優秀非常勤教授に選ばれました。『The Big Book of Dashboards』 (ダッシュボード大全) の著者であり、カンファレンス、シンポジウム、ワークショップ、大学、企業トレーニングプログラムなどで、データビジュアライゼーションや Tableau トレーニングのトピックについて、頻繁にスピーカーを務めています。Shaffer 氏は、2014 年の Tableau 自己定量化ビジュアライゼーションコンテストで優勝して、2014 年 Tableau Iron Viz コンテストの出場者に選ばれました。データビジュアライゼーションのブログ DataPlusScience.com と、著書の『The Big Book of Dashboards』も、Kantar Information is Beautiful Awards で最終選考に残りました。また、作成した Beautiful Trash ビジュアライゼーションは、Column Five Media 社による 2017 年の優秀インフォグラフィックで、一次選考を通って優秀 75 作品の中に選ばれています。

Joshua Smith 氏

プロフィールを表示

Joshua Smith 氏

Joshua Smith (Smitty) 氏は、キャンプファイヤーの明かりの中で語り語られる物語で育ちました。今でもそのときに育んだスキルを使って、データからストーリーを紡ぎ出しています。多彩な経歴に、意思決定科学や文芸、民俗学、デザイン、統計への興味を組み合わせて、人がデータを見て理解できるように支援しています。

Ken Flerlage 氏

プロフィールを表示

Ken Flerlage 氏

Ken Flerlage 氏は、分析のアーキテクト、ストラテジスト、エバンジェリストであり、IT 業界で 20 年以上の経験があります。バックネル大学のデータ分析担当アシスタントディレクターとして、エンタープライズ向けのデータ分析ソリューションのアーキテクチャ、設計、開発を担っています。2016 年に初めて Tableau に出会ってから、データ愛好家として情熱を傾けてきました。Tableau コミュニティの活発なメンバーであり、頻繁にフォーラムの質問に答えているほか、ソーシャルメディアでもデータビジュアライゼーションに関するディスカッションに積極的に参加しています。また、一卵性双生児の兄弟であり同じく Zen Master の Kevin Flerlage 氏と共同で運営しているサイト、www.flerlagetwins.com ではブログも投稿しています。

Kevin Flerlage 氏

プロフィールを表示

Kevin Flerlage 氏

Kevin Flerlage 氏はデータ分析の専門家として 15 年の経験を持っており、データに大きな情熱を傾けています。Tableau Zen Master の Jeff Shaffer 氏が率いる、金融サービス・テクノロジー会社の Unifund 社 と Recovery Decision Science 社で、シニアアナリスト兼 Tableau 開発者を務めています。Tableau Public アンバサダーでもあるほか、Iron Viz でトップ 10 入りを 4 回果たし、Tableau Public では第 4 位の人気作成者です。Tableau コミュニティで活発に活動しているほか、一卵性双生児の兄弟であり同じく Zen Master の Ken Flerlage 氏と共同で運営しているサイト、http://www.flerlagetwins.com ではブログも頻繁に投稿しています。

Klaus Schulte 氏

プロフィールを表示

Klaus Schulte 氏

Klaus Schulte 氏は、ミュンスター・スクール・オブ・ビジネスの管理会計学教授と副学部長です。同校の学士課程と修士課程で、会計学の学生にデータビジュアライゼーションと Tableau を教えているほか、データドリブンな経営と経理の導入でクライアントを支援しています。Schulte 氏は当初 Tableau アカデミックチームから Tableau を紹介され、#MakeoverMonday や #SportsVizSunday などコミュニティ主催のさまざまな取り組みで、データビジュアライゼーションに情熱を傾けるようになりました。楽しみながら Tableau の画期的な使い方を考え出しており、見つけ出したことは vizjockey.com でブログに書いています。2018 年には、ロンドンの Tableau Conference Europe で決勝のステージに立ち、見事 #IronViz チャンピオンに輝きました。

Lindsay Betzendahl 氏

プロフィールを表示

Lindsay Betzendahl 氏

Lindsay Betzendahl 氏は Tableau Certified Associate を取得しており、医療業界で 15 年以上の経験があります。当初は行動的健康の療法士としてスタートしましたが、6 年前には Tableau によるデータ分析に転身しました。現在、小規模なデータビジュアライゼーション会社の HealthDataViz でコンサルタントを務めており、わかりやすいストーリーを伝える美しいダッシュボードを作成することに情熱を傾けています。Tableau コミュニティではとても活発に活動しており、運営する #ProjectHealthViz は、「保健に関するストーリーを伝える」ことを目指して毎月開催される、コミュニティのためのデータビジュアライゼーションの取り組みです。今は Tableau Public アンバサダーでもあり、https://vizzendata.com でブログを投稿しています。また、働く妻、2 人の子どもを持つ母親でもあり、データビジュアライゼーションの分野で女性同士をつなげることが信条です。その #MomsWhoViz の取り組みを通じ、データドリブンな母親のネットワークを築いています。データビジュアライゼーションの分野でほかの人にパワーをもたらし支援すること、それが Betzendahl 氏にとって何より大切なことの 1 つです。

Lindsey Poulter 氏

プロフィールを表示

Lindsey Poulter 氏

Poulter 氏は、セットアクションやパラメーターアクションなどの機能を利用して、Tableau のユーザーインターフェイスを楽しんで作成しています。ビジネス戦略とデザインのベストプラクティスを活かして、画期的なダッシュボードを生み出しています。2019 年には Iron Viz コンテストの決勝に進んだほか、Tableau Public アンバサダーを務めた経験もあります。

Lorna Brown 氏

プロフィールを表示

Lorna Brown 氏

Brown 氏は数多くのヒントやテクニックを備え持つマジシャンのような存在であり、Tableau コミュニティに貢献することを喜びとしています。第一歩を踏み出したのは、The Information Lab 社の The Data School に参加した 2015 年のことです。現在、共同責任者になっているコミュニティプロジェクトは、Workout Wednesday (Zen Master の Ann Jackson 氏や Luke Stanke 氏などのコミュニティメンバーと共同) と、Tableau Tip Tuesday (Zen Master 殿堂入りの Andy Kriebel 氏と共同) の 2 つです。また、プライベートな時間を使って、イギリスノースウェスト Tableau ユーザーグループの共同責任者も務めています。Brown 氏にとって Tableau コミュニティは重要な存在であり、そのお返しとして、できるだけのことをしてコミュニティに貢献したいと考えています。猫とスポーツ、特にラグビーリーグが好きです。

Luke Stanke 氏

プロフィールを表示

Luke Stanke 氏

Stanke 氏はこれまで 12 年以上にわたって、データサイエンスやデータビジュアライゼーションのスケーラブルなハイエンドソリューションを開発してきました。分析コンサルタント会社 Tessellation の共同経営者です。Stanke 氏がビジュアル分析に対して取る画期的なアプローチにより、複雑なデータはわかりやすく実用的なデータプロダクトに形を変えます。Stanke 氏はまた、参加者が完成済みのダッシュボードを参考にしながら、事前に設定された条件に従って一からダッシュボードを作り直す、週 1 回の Workout Wednesday チャレンジを運営しています。Stanke 氏は教えることに心から喜びを感じており、Tableau を使ってデータを分析する方法について、世界中のユーザー千人以上に教えてきました。Tableau ソーシャルメディアアンバサダーも務めているほか、「Tableau 360」という 6 分間のビデオと「How To Tableau」という長いディスカッションを届ける、YouTube の「Data Coach」チャンネルで深い知識を発信しています。

Marc Reid 氏

Reid 氏は、ソフトウェア工学とビジネス分析の経歴を持つデータビジュアライゼーションデザイナーです。2017 年に The Information Lab 社の The Data School プログラムに参加した後、Tableau を使ったビジュアル分析に取り組み始めました。Tableau の新機能を使って新しいことを試すのが好きで、ベータプログラムにも頻繁に参加しています。Tableau Public アンバサダーも務めており、クリエイティブな Tableau コミュニティからいつも学んでいるほか、Tableau やデータビジュアライゼーションの知識を https://datavis.blog で発信しています。ビジュアライゼーションを作成していないときは、旅行と写真を楽しんでいます。

Mark Wu 氏

Wu 氏が持つ Tableau Server の知識はトップレベルです。世界でも屈指の規模の Tableau Server 導入環境を管理しています。また、サーバー自動化、センターオブエクセレンス、Tableau のエンタープライズガバナンスで、独自のスキルを持っています。これまでも、Tableau Server 管理者フォーラムでリーダーとして活躍してきました。

Merlijn Buit 氏

プロフィールを表示

Merlijn Buit 氏

Merlijn Buit 氏は AppsforTableau の創設者であり、Infotopics 社のシニア Tableau コンサルタントです。Show Me More や SuperTables などの優れた拡張機能の開発を専門にしています。Mario in Tableau や TableauCraft などのゲームでは、Tableau コミュニティを驚かせました。また、Photoshop in Tableau ダッシュボードは、Hyper エンジン開発チームにとって最高のベンチマークになっています。Buit 氏が情熱を傾けているのは、プログラミング、データ分析、そしてより優れた Tableau アナリストになろうとしている同僚に教えることです。プライベートな時間には、自転車とスピードスケートを楽しんでいます。

Neil Richards 氏

プロフィールを表示

Neil Richards 氏

イギリス在住の Richards 氏が Zen Master を務めるのは 2 度目であり、前回は 2018 年のことでした。Tableau Public を熱心に支持しており、3 年以上にわたって Tableau Public アンバサダーを務めながら、データアートやデータ分析で Tableau の力を最大限に引き出したビジュアライゼーションを頻繁に投稿しています。また、Data Visualization Society (datavisualizationsociety.com) のナレッジディレクター (イギリス式の「Visualisation」で書けないのは不本意ですが、それでも名誉あるポストだと語っています)、そして Viz for Social Good (vizforsocialgood.com) の現役員でもあります。さらに、ブログ (questionsindataviz.com) では、データビジュアライゼーションやデザインに関する考察を頻繁に投稿しています。本業では、Groupon 社の分析センターオブエクセレンスで、データビジュアライゼーションの教育と普及に責務を負っており、シンプルな分析ビジュアライゼーションやビジュアルベストプラクティスを広めることにも長けています。

Rajeev Pandey 氏

プロフィールを表示

Rajeev Pandey 氏

Tableau アンバサダー 3 度目の Pandey 氏は、Tableau 関連書籍の著者、そして技術書の書評家であり、マレーシアの AirAsia 社のシニアデータアナリストです。トレーニングやメンタリングに加え、人々がインサイトを取得して、各自の会社に大きく貢献できるように支援することにも情熱を傾けています。書いている 2 つのブログ (TableauLearner と https://vizartpandey.com/) では、ビギナーでもエキスパートでも分析の問題の解決策を見つけられるように支援しています。これまで、インド企業間の Tableau コミュニティ育成に貢献し続けており、日々ぶつかるビジネス上の問題に対し持続的でスケーラブルな解決策を見出せるよう、若い社員たちを支援してきました。また、コンテンツの拡充、画期的なアイデアの交換に対する取り組みにより、インド唯一の Tableau Zen Master という特別なユーザーになりました。

Ravi Mistry 氏

プロフィールを表示

Ravi Mistry 氏

Mistry 氏は、フットボールの公開データに触れていて Tableau が気に入った後、ほぼ 5 年間というもの、毎日 Tableau を使ってきました。コンサルタント兼講師であり、The Information Lab 社のカスタマーサクセス部門に勤めています。Tableau の普及活動に大きな力を注いでおり、好きなのはスポーツやメディア、テクノロジーです。

Robert Radburn 氏

プロフィールを表示

Robert Radburn 氏

18 年前、私はレスターシャー州議会で当時の調査チームの一員として働き始めました。しかし 2011 年、初めて Tableau をダウンロードしてから状況が大きく変わりました。それから (長い) 5 年が過ぎ、2016 年 12 月になって州議会全体に Tableau Server を導入しました。現在は BI 開発チームのリーダーを務めています。Tableau 導入環境を成功させることが私の仕事です。州議会のデータを利用する開発者チームを担当しています。私は、そのデータをラングリングしてチームのデータベースに追加し、アナリストが接続してビジュアライゼーションを作成できるようにしています。また、ビジュアライゼーション作成も手伝います。

暇なときは、Medium の Data Beats (https://medium.com/@databeats) で Chris Love と一緒に Tableau を使ったデータドリブンなストーリーを書いたり、余るほどたくさんの空間データのツリーマップを作成したりしています。

Rosario Gauna 氏

プロフィールを表示

Rosario Gauna 氏

Gauna 氏はデータ分析と BI の専門家であり、好きなものは論理、頭の体操、学ぶことです。妻、母親であり、メキシコのモンテレイに住んでいます。勤務先は、メキシコ最大の私立大学のモンテレイ工科大学です。Gauna 氏は、人々がデータを見、探索し、深く理解して、情報に基づく意思決定を行えるように、Tableau を使って支援しています。支援、学び、共有、そして楽しむ場である Tableau コミュニティに参加していることを誇りに思っています。Gauna 氏のブログは、技術スキルを身につけて伸ばした経験を共有したいという思いから生まれました。その技術スキルは、主に #WorkoutWednesday プロジェクトに参加して得られたものです。この支援で期待しているのは、人々がスタート段階でぶつかる問題や技術的な課題への不安を克服できるようになること、そしてヒントとテクニックを身につけ、新しい課題を解決して Tableau をさらに楽しんで使えるようになることです。

Sarah Bartlett 氏

プロフィールを表示

Sarah Bartlett 氏

Bartlett 氏は、Slalom ロンドン支社の BI・分析コンサルタントであり、分析には 10 年以上にわたって携わっています。アナリストとして働いていた 2014 年後半に初めて Tableau に出会い、まもなく #MakeoverMonday や #VizForSocialGood などのさまざまなコミュニティの取り組みに参加して、データビジュアライゼーションに情熱を傾けるようになりました。2018 年には Iron Viz Europe 決勝のステージに進出し、その経験から刺激を受けて #IronQuest を立ち上げました。これは、参加者が Iron Viz 予選に向けて準備することを目的にした、データビジュアライゼーションのためのコミュニティの取り組みです。#IronQuest では、参加者がデータを調達する練習をし、デザインやストーリーテリング、分析のスキルを磨く機会を得られるほか、参加者が自身の素晴らしいビジュアライゼーションを紹介するための場も用意されています。現在、Bartlett 氏は Tableau ソーシャルメディアアンバサダーも務めており、Tableau コミュニティに参加したばかりのメンバーを歓迎することに情熱を注いでいます。

時間が空いているときは、ロンドン Tableau ユーザーグループの共同運営者を務めているほか、お気に入りの音楽ジャンルであるヒップホップに関するビジュアライゼーションの投稿を楽しんでいます。

Simon Beaumont 氏

プロフィールを表示

Simon Beaumont 氏

Beaumont 氏は、JLL 社 BI センターオブエクセレンスのディレクターであり、業務リーダーや経営陣のために複雑なデータからわかりやすいビジネスインサイトを引き出す、アナリストチームを支援しています。Beaumont 氏には、センターオブエクセレンスは技術面で優れているだけではなく、継続的な学び、イノベーション、コラボレーションの文化に支えられなければならないという強い信念があります。この信念は、Tableau コミュニティとの日常的な関わりが基になっています。また、プライベートな時間はスポーツに夢中になっています。2018 年には、データとスポーツという好きなもの同士を組み合わせて、Sports Viz Sunday を共同で立ち上げました。これは、データビジュアライゼーションに対するコミュニティの取り組みであり、Tableau コミュニティで作成された素晴らしいスポーツ関連のビジュアライゼーションを紹介することを可能とし、志を同じくする人々をつなげる場です。

Tamas Foldi 氏

プロフィールを表示

Tamas Foldi 氏

Tableau Server のホワイトハットハッカーの Foldi 氏は、Tableau Server のセキュリティをチェックしています。 Tableau Server (英語) と その API (英語) の豊富な知識を持っており、Tableau の扱いにかけては第一人者です。ありがたいことに、Foldi 氏は、Server 管理者コミュニティにとって非常に役立つヒントを見出し、共有するためにそのスキルを活用しています。顧客の支援に励むとともに、Tableau 開発チームが製品を改良できるように助言しています。

Toan Hoang 氏

Toan Hoang 氏は、BI、データ管理、ビッグデータ、データレイク、モノのインターネット (IoT)、データビジュアライゼーション、データ分析の分野で 15 年以上の経験があります。この 6 年間は、Tableau を利用したエンドツーエンドのソリューションを提供することに専念してきました。Tableau Magic の創設者であり、データ戦略やデータ管理、データ教育、データビジュアライゼーションに関するサービスを提供しています。また Tableau Magic は、Tableau スキルの向上を目指しているユーザー向けにあらゆるレベルのチュートリアルを用意しているほか、Tableau の限界を押し広げる、高度なカスタムデータビジュアライゼーションのためのチュートリアルでも知られています。プライベートでは、熱心なプログラマーや、サルサのインストラクターとイベントプロモーターの顔を持ち、ピアノを弾いてリラックスしているほか、テクノロジーやデータ、Tableau の話をすることが好きです。#TalkDataToMe

Tristan Guillevin 氏

プロフィールを表示

Tristan Guillevin 氏

Tristan Guillevin 氏は 2017 年、ラスベガスの Iron Viz コンテストで優勝を果たしました。それ以来、ウェビナーやカンファレンス、ブログ、著書『Getting Started with Tableau 2019.2』 (Tableau 2019.2 入門) を通じて、ユーザーの Tableau スキル向上を支援してきました。2018 年 5 月からは、Ogury 社でデータビジュアライゼーションエキスパートを務めています。

Yukari Nagata 氏

プロフィールを表示

Yukari Nagata 氏

Yukari Nagata 氏は、コンサルティング会社 PATH Data Analytics & Visualization の CEO、そして Data Viz Lab 社の創業者であり、データ戦略、データ分析、データビジュアライゼーション、データ教育に関するサービスを提供しています。リーダーのために複雑なデータからわかりやすいビジネスインサイトを引き出せるように、クライアントを支援しています。真のデータカルチャーでは、個人が技術に秀でていることよりも、センターオブエクセレンスと継続的な学びが重要だという強い信念があります。『データ視覚化のデザイン』の著者であり、Japan Tableau User Group (日本 Tableau ユーザー会) の会長です。

Yvan Fornes 氏

プロフィールを表示

Yvan Fornes 氏

データ分析に情熱を傾けるプロフェッショナルであり、旅行業界 (航空・ホテル) のこの分野で 10 年以上の経験を持っています。以前 Tableau Zen Master だった Yvan Fornes 氏は、旅行業界の大手 IT ソリューションプロバイダーである Amadeus 社の分析ビジネスコンサルタントです。データの分析と視覚化を通じて、航空会社が収益機会を見出せるように支援しています。Fornes 氏は、客室料金を設定するホテル収益管理部門からキャリアをスタートしました。まず Marriott Group 社に入社し、その後 Louvre Hotels Group 社ではデータ分析や BI を担当しています。2000 年に Air France 社の収益管理部門の職に就き、それから間もなく同社のフランス国内線を担当する収益管理チームのリーダーに任命されました。2005 年には、Amadeus 社に入社して航空会社インベントリプロダクトマネージャーになり、Air France、Lufthansa、Singapore、Finnair、SAS など世界の大手航空会社との窓口を務めました。現在の職務に就く前の 2012 年、3 年間にわたり航空会社 9 社のコンサルタントを務めていた Fornes 氏は、デジタル分析手法を活用して、顧客の検索エンジン最適化 (SEO)、広告キャンペーンの ROI (PPC、表示、メールなど)、コンバージョン率を改善し、顧客が Web サイトを最適化できるように支援しました。

Yoshihito Kimura 氏

プロフィールを表示

Yoshihito Kimura 氏

日本で Tableau が広まるように心から願っている、ラストサムライです。

Shinichiro Murakami 氏

プロフィールを表示

Shinichiro Murakami 氏

Murakami 氏はフォーラムで常に活発に活動しており、12 か月以上にわたってトップ投稿者に名を連ねていました。2017 年の 1 年間だけでも、825 件以上の「的確な回答」をフォーラムに投稿しています。2014 年から Tableau を使用しており、フォーラムに参加し始めたのは 2015 年 10 月のことです。それ以来、実にさまざまな種類の質問に回答し続け、数千ユーザーを支援してきました。また、Twitter、Tableau Public、自身のブログでも活動しています。

Murakami 氏は、半導体業界のシニアサプライチェーンプランナーです。Tableau コミュニティでは、2016 年から Tableau アンバサダーになりました。フォーラムの活動で 80,000 ポイント以上を獲得しましたが、これは 60,000 人超のコミュニティ参加者の中でも 2 位のスコアです。

目標は、人々が Tableau をもっと楽しく使えるように支援することです。

Ryan Sleeper 氏

プロフィールを表示

Ryan Sleeper 氏

Ryan Sleeper 氏は、個人のデータビジュアライゼーションデザイナー、執筆家、スピーカー、講師、コンサルタントであり、Tableau を専門にしています。

Tableau Zen Master を 2 回務めたほか、2013 年の Tableau Iron Viz チャンピオン、2015 年の Tableau Public 年間最優秀ビジュアライゼーションの作者、そして O'Reilly 社『Practical Tableau』 (実践 Tableau) の著者です。

Paul Banoub 氏

プロフィールを表示

Paul Banoub 氏

Banoub 氏は、ロンドンの UBS Investment Bank でアジャイル BI 担当ディレクターを務めています。その責務は、約 12,000 ユーザーを支援する全世界全社規模の Tableau センターオブエクセレンスの設計、エンジニアリング、サポートです。ユーザーの能力強化、コミュニティ、トレーニングをサービスの中心に据え、ヨーロッパでも屈指のダイナミックで評価の高い Tableau Server 導入環境を構築しました。Tableau コミュニティ (Twitter @paulbanoub) で非常に活発に活動しており、ブログ (www.vizninja.com) も頻繁に投稿しています。

Mike Cisneros 氏

プロフィールを表示

Mike Cisneros 氏

これまで Cisneros 氏は、編集者、ソフトウェア開発者、グラフィックデザイナー、データアナリスト、オンラインコミュニティ設立者などのキャリアを経てきました。現在はそのさまざまな分野で得たスキルを使い、趣味と実益を兼ねて、洗練され説得力のある効果的なデータビジュアライゼーションを作成しています。

Lilach Manheim 氏

プロフィールを表示

Lilach Manheim 氏

Manheim 氏は、美術史と人間中心情報デザインの経歴を生かして、視覚的なストーリーを伝えています。また Tableau コミュニティでも、ドットプロットの世界最高のエバンジェリストとして知られています。現在、Visa 社センターオブエクセレンスのシニアデータビジュアライゼーションデザイナーです。

Ken Black 氏

Ken Black 氏が初めて Tableau に出会ったのは 2008 年のことです。それ以来、ビジネスやスポーツ、科学のデータを調べるのに Tableau を使い続けてきました。非常に大きなデータセットを効率的に探索するためのテクニックを編み出すことに専念し続けており、幅広いプロジェクトチームに対してインサイトを簡潔に説明することを目標にしています。Black 氏が得意にしているのは、データ分析、データビジュアライゼーション、データアニメーション、コンピュータープログラミング、数理モデリングや数値モデリング、データマイニング、そして大きなデータセットに隠れている、業績の未知の側面を見出すことです。Tableau の使い方や教育について熱心に記事を書いているほか、DataBlends.us のブログには具体的なテクニカルトレーニングのビデオも投稿しています。

Emma Whyte 氏

イギリスの The Information Lab 社に勤める認定 Tableau トレーナーであり、認定 Tableau コンサルタントでもあります。Tableau Server と Desktop で認定資格を持っています。データビジュアライゼーションの作成のほか、自転車、ハイキング、アウトドア全般、ときおりのパン焼きが趣味です。

David Murphy 氏

プロフィールを表示

David Murphy 氏

データザウルス・レックスとしても知られる David Murphy 氏は、とても個性的です。意外な話題に取り組む人の中でも第一人者であり、たとえば 『ゲーム・オブ・スローンズ』の死者数 (英語) や、 テレビのクイズ番組の得点パターン (英語) などを、Tableau のビジュアライゼーションと YouTube チャンネル (英語) でユーモアを交えながら取り上げています。もっとはっきり言えば、その分野で唯一の人物であり、だからこそ Zen Master にふさわしいのです。

殿堂入り Tableau Zen Master

殿堂入りした Zen Master は、5 期以上務め、Tableau コミュニティへの総合的な貢献と管理実績に基づいて選定されたメンバーです。Zen Master プログラムへの献身に心から感謝を申し上げます。

Andy Kriebel 氏

プロフィールを表示

Andy Kriebel 氏

Andy Kriebel 氏は、世界でも屈指の投稿数を誇る Tableau ブロガーです。その専門知識で、初心者から上級者まであらゆるレベルの Tableau ユーザーを支援しています。これまで、長年にわたってユーザーのビジュアライゼーションスキル向上を支援しており、今年の #MakeoverMonday プロジェクトは、年間最大級のソーシャルデータプロジェクトになっています。

Anya A'Hearn 氏

プロフィールを表示

Anya A'Hearn 氏

DataBlick 社創業者の A'Hearn 氏は、本格的なデータラングリングとデータの美しさについて、長年にわたって情報を発信してきました。経済学と製品デザインの経歴を生かして、実用性と美しさを兼ね備えたダッシュボードの作成を専門にしています。

Craig Bloodworth 氏

プロフィールを表示

Craig Bloodworth 氏

Bloodworth 氏は、Tableau の API と Tableau Server に関して最高レベルの知識を持っており、 作成したツールはすべて公開しています (英語)。Web データコネクタの分野で第一人者であり、Tableau Web データコネクタのコンテストでは 2 位になりました。また、Tableau Server ユーザーが簡単に指標を見ることのできる Yupana など、ほかのさまざまなツールもコミュニティのために作成してきました。

Jonathan Drummey 氏

プロフィールを表示

Jonathan Drummey 氏

Drummey 氏は長年にわたり、 Tableau コミュニティフォーラムで中心的な役割を果たしてきました。Tableau 製品に関する知識はお客様の中でもトップクラスであり、そのスキルをほかの人への回答に活かす手腕はまったく見事です。また舞台裏で、Tableau 開発チームと緊密に連携して、製品の改善に協力しています。Tableau Foundation でも大きな貢献を果たしてきました。

Joshua Milligan 氏

プロフィールを表示

Joshua Milligan 氏

Joshua Milligan 氏は、Tableau Zen Master を 5 回務めてきました。トレーニングや指導に情熱を傾けているほか、Tableau を利用したビジュアル分析と、Tableau Prep Builder や Tableau Prep Conductor を利用したデータ準備を通じて、人々がインサイトを取得し、データに基づいて意思決定を行えるように熱心に支援しています。また、Teknion Data Solutions 社の主席コンサルタントとして、2004 年から幅広い業界のクライアントに協力してきました。

2017 年には Iron Viz の決勝進出者 3 名の中に選ばれ、ラスベガスの決勝ステージに臨みました。2 版を数える書籍『Learning Tableau』 (Tableau を学ぶ) の著者であり、現在第 3 版の準備も進めています。妻、3 人の子どもと共にタルサで暮らしています。

Kelly Martin 氏

プロフィールを表示

Kelly Martin 氏

Martin 氏は 2000 年からシニアデータアナリストを務め、人口形態や人口行動を研究する人口統計学を学んだ経歴を持ちます (文学修士、2001 年論文試問合格)。医療 (公衆衛生と心臓学)、児童保護サービス、電気通信業界で勤務した経験を持ち、社会調査の手法 (データ分析を含む)、統計、SQL、Tableau のスキルに長けています。

最初の Tableau Zen Master の 1 人であり、4 年間にわたって務めました。その後がんと診断され、コミュニティに寄与する立場から退きました。2019 年 9 月 30 日、58 歳で亡くなりました。

Tableau 社員は、Martin 氏のスキルはもちろん、その謙虚さも忘れることはできません。謙虚さはコミュニティが成功するための大きな柱の 1 つであり、Martin 氏は自分のためではなく、ほかの人を手助けしたいという思いからアイデアを共有してくれました。Martin 氏の多大な貢献に敬意を表し、ここに Zen Master 殿堂入りとして称えます。

Tableau 社員一同、遺されたご家族とご友人の皆様に心から哀悼の意を表します。これからも Martin 氏のことを忘れることはないでしょう。

Steve Wexler 氏

プロフィールを表示

Steve Wexler 氏

Steve Wexler 氏は Data Revelations 社の創業者であり、『The Big Book of Dashboards: Visualizing Your Data Using Real-World Business Scenarios』 (ダッシュボード大全、Wiley 社、2017 年) の著者の 1 人です。

Wexler 氏はデータの理解と視覚化で、ADP、Gallup、Deloitte、Convergys、Consumer Reports、The Economist、ConEd、D&B、Marist、Tradeweb、Tiffany、McKinsey & Company 各社や、コーネル大学、スタンフォード大学などさまざまな組織に協力した実績を持ちます。また、5 回の Tableau Zen Master、Iron Viz チャンピオン、Tableau トレーニングパートナーでもあります。

Wexler 氏のプレゼンテーションとトレーニングクラスには、製品に関する非常に高度なノウハウと、数十のクライアントに対し数千のビジュアライゼーションを作成して得た実経験が生かされています。規模を問わずさまざまな組織で教えた受講者は数千人に上り、主催するセミナーは懇切丁寧な説明と面白い語り口で人気を集めています。